こんにちは! 今日は綺麗な女優さん、吉瀬美智子について色々お話してきたいと思います。
彼女は、X(ツイッター)、インスタグラムもまめに更新されてるので、日々の彼女についても色々知ることが出来ます。 とにかく、スタイル抜群で、他の女優と彼女が並んでも、比べ物にならない位、ほんとにスタイル抜群の女優さんです。
今日はそんな彼女のことについて、お話してきたいと思います。

吉瀬美智子について

彼女のことはもうテレビでも色々出演されてるので、彼女のことを知らない人はいないと思いますが、プロフィールをご紹介していきますね。 彼女は1975年2月17日に福岡県朝倉市で生まれ、高校卒業後に地元の喫茶店で働いていたところ、モデル事務所の社長にスカウトされて芸能界入りしました。

1995年にモデルとしてデビューしています。 彼女は、1999年からファッション雑誌『Domani』の専属モデルとして活動し、多数のCMにも出演しました。

彼女は、モデルとしての魅力を発揮しながら、女優としても活躍の場を広げていきました。 また、2003年からは情報番組『噂の!東京マガジン』にて5代目アシスタントを務めました。森本毅郎さんとともに番組を進行し、様々な話題やコーナーに関わっていました。 彼女はモデルとして活動していた時期に「小雪」という芸名を使っていましたが、2007年に女優に転身する際に「吉瀬美智子」に改名しました。

彼女は、自分の立ち位置を見極めて求められる人になろうと努力していて、モデルから女優に転身した理由は「リベンジみたいなもの」と語っています。彼女は、上京してすぐに方言が抜けないままお芝居に挑戦しましたが、できなかったことが悔しくて、再び演技の仕事に挑戦したそうです。その後、多数のドラマや映画に出演し、高い演技力で注目を集めるようになりました。

彼女は、これまでに多くの映画に出演しています。訛りを変えていくのは大変だったと思います。 最近では、2023年10月に公開された『キリエのうた』で、ホステスの潮見真砂美役を演じました。

また、2022年10月には、ドラマの劇場版『七人の秘書 THE MOVIE』で、秘書の九十九美都子役を演じました。 その他にも、『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』や『コンフィデンスマンJP』などの話題作に出演しています。 『LIAR GAME』や『ブラッディ・マンデイ』などの数々のドラマや映画に出演しました。 2010年には10歳年上の実業家と結婚し、2人の娘をもうけましたが、2021年に離婚しました。 現在は女優として活躍していて、2023年にはドラマ『ゆりあ先生の赤い糸』に出演しました。

吉瀬美智子の性格、プライベートについて

さぁ、彼女の性格はどうなんでしょうか? 彼女はポジティブで忘れっぽく、嫌なことをすぐに吹き飛ばすのだそうです。それはとてもいい性格ですね。 また彼女は、チャレンジ精神旺盛で、自分の立ち位置を見極めて求められる人になろうと努力しているのだそうです。

マイペースな性格で、自宅でのんびりするのを好み、極度の潔癖症なんだそうです。 潔癖とは、そんな風には見えないですけどね。どうなんでしょう。 趣味は釣りやゴルフなどアウトドアと語っているそうです。

Xで女子会やママ友たちとの会食の様子もUPしてることから、社交性もあることが伺えます。 上戸彩や北村一輝とも仲が良いそうです。 現在彼女は、二人の娘達と一緒に暮らしています。 孫ができるのを楽しみにしているのだそうです。

何十年後のお孫さんのことを考えれるほど、娘さん達への愛情が深いのですね。 彼女は、お酒がとても好きなのだそうです。彼女は、バラエティ番組『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に出演したときに、ビールやレモンサワー、シャンパンなどを飲んで酔ったお茶目な姿を見せました。その後、事務所から「バラエティでのお酒禁止」と言われたそうです。

彼女の飲酒ぶりには、ファンからも「かわいすぎてヤバい」「酔った吉瀬さん好き」という声が寄せられているのだそうです。 彼女のX(ツイッター)情報を見ても、「気を付けます」発言の多さから、酒の失敗談が多いのかなと思ってしまいます。その後の自身のインスタグラムで、ランチからビールを飲んでいる様子を報告したりしていて、彼女のマイペースさが伺えます。

彼女が今大切にしているものは、娘たちとの時間と自分磨きなのだそうです。彼女は、コロナ禍で幸せの基準が変わったと語っていて、子供たちと遊んだり、夏休みを一緒に過ごしたりすることを楽しみにしています。また、演技の仕事をしばらくお休みして、自分のスキルアップや趣味に時間を使っているそうです。娘さんたちとも旅行に行ったり、家族と過ごす時間もちゃんと大切にされてる様子が伺えます。

吉瀬美智子の受賞した賞

  • 2011年 エランドール賞 新人賞

    (映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』、テレビドラマ『ライアーゲーム シーズン2』『ブラッディ・マンデイ Season2』)
  • 2011年 エランドール賞 新人賞

    (映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』、テレビドラマ『ライアーゲーム シーズン2』『ブラッディ・マンデイ Season2』)
  • 2011年 第40回 ベストドレッサー賞
  • 2019年 第12回 ベストマザー賞 芸能部門

    彼女の演技力は、しっかり評価されているようですね。

終わりに

彼女の「悪酔い」エピソードは、彼女の人間味やキャラクターの一面を表しているのかもしれませんね。また禁止令が出ても、その後も、呑んでる姿を公開している彼女は、ありのままを見せていて、多くの人に親近感を持たせるのかもしれませんね。 彼女の娘達の育て方については、自由にやらせるスタイルで、あまり口出しや干渉はしないそうです。

しかし、必要なときにはしっかりと叱ることもあるとのことです。また、娘達との時間を大切にしていて、一緒に遊んだり、旅行に行ったり、自転車の練習を手伝ったりしているのだそうです。また、娘達の誕生日にはサプライズでケーキを用意したり、プレゼントを贈ったりしているのだそうです。

彼女は2019年に第12回ベストマザー賞の芸能部門を受賞しました。この賞は、育児をしながら各分野で活躍する女性を表彰するもので、ママたちの投票で選出されます。

彼女は、5歳と2歳の娘さんに、朝起きたら「おはよう」と言って必ずハグをするという子育ての方針を持っています。また、娘さんたちには自分の仕事を見せて、自分の好きなことをやっている姿を見せることが大切だと考えているようです。女優業において実力を持ちながらも、子育てにおいてもしっかり教育されてる素敵な女性ですね。子どもに自分の好きな仕事を見せて教育するってところは、とても良いと感じます。

子どももお母さんの楽しみながら働く姿を見て、自然と真似していくでしょうから。 吉瀬美智子、親しみ感を持てながら、学ばされました。 彼女のように綺麗なスタイルにほど遠い私ですが、いつかその体型になりたいなと憧れます。今後の彼女の活躍も楽しみですね。